包茎治療のクリニックについて

包茎とは大人になっても男性器の先端部分が皮をかぶったままになってしまっている状態をいいます。包茎は男性がどのように考えているかコメントしてるサイトです。3種類あり、それぞれ真性、仮性、カントンとなります。真性は完全に先端に皮がかぶってしまっている状態、仮性は一番多く、普段は皮をかぶっていますが性行為の時などには皮がちゃんとむける状態、そしてカントンは皮はむけるものの、包皮口はかなりせまいので無理にむいてしまうと元に戻らなくなってしまい、その部分が締め付けられて腫れてしまうことがあります。この3つのいずれもできれば治療を受けてきちんと治してしまうことが望ましいです。それは汚れがたまりやすいので性病にかかりやすいということがあるからです。自分だけではなく恋人や妻がいる時には相手にも菌を移してしまって病気や不妊の原因にしてしまうことがあります。場合によっては陰茎を傷つけてしまい、壊死という事態にもなることが考えられるので、とにかく相談をしてみるのが良いです。包茎の治療クリニックでは男性スタッフが担当してくれることも多く、正直に話してみることが大切です。包茎の治療方法には2つあります。1つは手術を受けること、もう1つは包茎矯正器具を使うということです。手術の場合は余分な包皮を取り除いて亀頭を露出させるというやり方が一般的です。余っている包皮の状態によって亀頭から3ミリから5ミリほどの場所で切除することで傷跡が目立たなくなりますし、状態も美しく仕上がります。手術は1時間もかかりませんし、入院の必要もないので安心です。矯正器具を使う場合はいろんなものがありますが、例えばリング型のものがあります。これは一番良く知られている器具で、余っている包皮を陰茎の根元に集めた状態にしてからこの器具を装着させることで亀頭が露出した状態を保たせるものです。この器具が下着と一体化しているものもあります。以前とは違って今は見た目が普通の下着と変わらないので違和感はあまりありません。また接着剤タイプもあります。リングと同じように余っている包皮を根元に集めた状態で接着をします。この方法では器具をつけていることが見た目では全くわかりませんので、他の方に治療中であることをばれたくない時には良いものです。ただ接着剤を直接ぬりますので肌が弱い方は別の方法を選択するのがおすすめです。包茎矯正器具を使う時には慣れるまで連続でつけ続けないようにしたり、真性包茎の場合は器具を使用しないでおくなど注意してください。

MENU

包茎治療のクリニックについて